個性豊かな格安SIM達【ポイントだけが基準じゃないぞ】

かおるです。おかえりなさい♪

あなた

毎月のスマホ代を安くしたくて。
格安SIM(格安スマホ)ってのがあるのは知ってるけど、いざ検索してみると沢山あってどれがいいのかさっぱり。
ずばり、どれがいいのかな?

あなたのこんな疑問に答えます♪

  • かおるの趣味でいいのなら(笑)
  • 血統の良い格安SIM
  • 店舗を持つ格安SIM
  • フレンドリーな格安SIM
  • 特化型な格安SIM

この記事を書いてるかおるは、ポイントサイトの世界に飛び込んで4年、これまでに約70万円相当のポイントを貯めてきました。そんなかおるが、本記事では格安SIMの選び方について解説します。

かおるは実際にいろんな格安SIMを契約して使っています。だから、これから格安SIMにチャレンジするあなたは、ぜひじっくりと読んでくださいね♪

かおるの趣味でいいのなら

そりゃね、ポイント大事よ。毎日のコツコツ買い物と違って、スマホの契約なんて一気に3,000円くらいは稼げる。素晴らしい。多けりゃ6,000円よ。これは嬉しいよね。

でも。でもね。スマホだって毎日使うものよ。テキトーに選んでいいの?確かにポイントも大事。でも、ほんの数十・数百円の為に、毎日苦い思いをするには嫌でしょ。

ポイントも大事だけど、格安SIMは本当に自分に合った会社を選ぼう。

かおるのおすすめ

まー、趣味丸出しでいいなら、迷わずJ:COMモバイルを押し付けるところだけど(笑)、一般的にハズレがない選択肢は、無難にOCNモバイルONEだろうねー。

石橋を叩いて渡るあなたには、これ以上堅実な選択肢はないよ。理由は次の章で話すね。

いっとくけど、J:COMモバイルも悪い選択肢じゃないよ。ただ、au回線しか選べないからその辺が人を選ぶかなーって感じ。特にほら、あなたが今ドコモを利用中ならなおさら。

血統の良い格安SIM

血統とは何か。それは、大手携帯各社の資本が入ってるかどうか。これに尽きる。
だってほら、自分の身内なのに、しょっぼい回線なんて使わせられないでしょ?

じゃぁ、それぞれ見てみよう。

ドコモ系格安SIM

OCNモバイルONE

はい。これ以上良い血統はありません。NTTコミュニテーションズ(Nコム)が運営する格安SIM。
おなじNTTグループで、しかもNTTグループ随一のエリート集団Nコムの運営です。安心・安全、実績と信頼の格安SIMなのだ。

膨大なユーザー数を誇りながらも、回線速度は速い優等生中の優等生。

格安SIMに詳しくないあなた、冒険より安定を求めるあなたには、OCNモバイルONEをおすすめします!

au系格安SIM

UQモバイル

厳密にはauの「サブブランド」で、KDDIの直営。格安SIMじゃないんだけど、傍から見たら同じようなもん。au回線に抵抗がないなら、イチオシがUQモバイル。auより月額費用が安く、店舗も充実、回線スピードも速い、全てを持ったサブブランドです。近くに店舗があるなら、候補にしましょう。

BIGLOBEモバイル

KDDI子会社のビッグローブの運営。BIGLOBEモバイルはドコモ回線とau回線が選べるんだけど、ここはau回線一括。ドコモ回線を選ぶくらいなら、OCNモバイルONEを選びましょうって話。

BIGLOBEモバイルのau回線は速い。そして、特徴は多彩なパケットフリーを実現する「エンタメフリーオプション」。まぁ、YouTubeもパケットフリーになるから、それ目的にBIGLOBEモバイルを選ぶのもありだね。

J:COMモバイル

KDDI子会社のジュピターテレコムの運営。2020年09月にKDDIの圧力で(笑)大型アップデートを敢行。めちゃめちゃ魅力的になったかおるのイチオシ格安SIM。

J:COMモバイルはau回線オンリーになっちゃったけど、これがまた速い。
J:COMモバイルは、KDDIグループの中でも安さ担当。月額980円の音声回線や、実質0円のiPhoneSEなど魅力が尽きないのだ。

ソフトバンク系格安SIM

Y!モバイル

比較的歴史が長く、格安SIMとか格安スマホといえば、Y!モバイルを思い浮かべる人も多いんじゃないかな。

Y!モバイルもサブブランドで、ソフトバンクの直営。まー、回線速度が速い速い。あちこちに店舗はあるし、ソフトバンク回線に抵抗がなければ、最強。

LINEモバイル

ソフトバンクの子会社LINEが運営。LINEという強力なサービスを保有しているのが強みだけど、回線速度は激おそ。契約してはいけない。ごめん、血統という流れで話したけど、おそらく後悔する。

店舗を持つ格安SIM

サブブランドであるUQモバイルとY!モバイルが店舗数が多いのは当たり前なのでここでは割愛(笑)
実際に「店舗が近くにあった方がいいなー」ってあなたはUQモバイルかY!モバイルにしよう。

AEONモバイル

近くにイオンがあれば、ワンチャンAEONモバイルもあり。UQモバイルやY!モバイルといったサブブランドはそれほど安くはないけど、AEONモバイルはガチで安い。節約上手なあなたに。

J:COMモバイル

AEONモバイルより店舗はレアになるけど、店舗を持たないのが常識の格安SIM業界にして全国50か所に実店舗を持つJ:COMモバイルは貴重な存在。

>jcomモバイルの店舗一覧

さっき話した通りKDDI子会社なので、実力は確か。

mineo

J:COMモバイルよりさらにレアだけど、確かに実店舗を持つmineo。近所にあるというより、繁華街にある感じなので、自分の行動範囲に店舗を見かけたら、候補に入れてもいいかも。

フレンドリーな格安SIM

mineo

ぶっちぎりにフレンドリーなのがmineo。独自サービスも豊富で、ユーザーとのコミュニケーションも密なので、気持ちよく使える。なんなら大好き。

特化型な格安SIM

ごめん、これはネタ(笑)

ロケットモバイル

IoT特化型だっけ?いや、使うの人間だからあれだけど、音声もあるから問題なし。めちゃめちゃ安いので、お遊びで契約してもいいかもって感じ。

リンクスメイト

ゲーム特化型格安SIM。ゲーム廃人御用達なのかなんなのか知らないけど、リンクスメイトのプランは常軌を逸してる。

要望があったから新設したのか、そういう目論見なのか。なんにしても恐ろしい世界です。

かおるの感想

まぁ、最後のはネタとして、LINEモバイル以外はどれもおすすめだよ。
サブブランドはそれほど安くはないからそこは覚えておいて。

料金的は話で言えば、「大手携帯会社」>「サブブランド」>「格安SIM」って塊になってるから、あなたの選択肢はまずは「サブブランドの料金でも許せるのかどうか」だね。

あと、しっかりポイントサイトを踏むのを忘れない事!
それでは、あなたにもよきポイ活ライフを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました